個人再生を司法書士に依頼するメリットとデメリット

個人再生は司法書士にも弁護士にも依頼することができる

司法書士個人再生

 

個人再生は住宅ローンを払い続けて持ち家を残せる債務整理方法の中で一番借金の減額率が高いので、借金額が多い人は利用を検討する価値のある債務整理方法になります。

 

個人再生は資料作成などの手続きが非常に複雑なので、個人が一人で手続きするのは非常に困難で、おそらく途中で挫折する可能性が高いです。

 

そのため個人再生を行う場合には、司法書士や弁護士に依頼して手続きを行うのが普通です。

 

実際に個人再生を行う人のほとんどは自分で手続きする人はいないと思っていいです。

 

個人再生を利用して債務整理する場合には、司法書士や弁護士に依頼することを前提に考えるといいと思います。

 

ただ実際に個人再生を利用する場合には司法書士と弁護士のどちらに個人再生を依頼したらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

そのため個人再生を利用する際に司法書士にはどのようなメリットやデメリットがあるのか確認してから依頼するといいと思います。

個人再生を司法書士に依頼するデメリット

司法書士個人再生デメリット

 

個人再生は司法書士に依頼することができますが、いくつかのデメリットがあります。

 

個人再生を司法書士に依頼する前にあらかじめしっかりとデメリットを理解してから行わないと後悔する可能性があります。

 

個人再生は債務整理の中でも比較的依頼費用が高額な債務整理方法なので、失敗すると経済的な負担が大きくなるので、しっかりとデメリットを把握してから依頼するようにしましょう。

 

個人再生を司法書士に依頼するデメリット一覧

 

司法書士は個人再生では書類作成業務に限定される

 

個人再生は裁判所で手続きして借金を減額させるという債務整理方法ですが、司法書士は依頼人の法定代理人として出廷することができないので、裁判所でのやりとりは個人が行うことになります。

 

弁護士に個人再生を依頼すると、弁護士が法定代理人になって裁判所での手続きを代行してくれますが、司法書士はこういった業務を行うことができません。

 

そのため、個人再生での司法書士の主な業務は書類作成業務に限定されることになります。

 

ただ裁判所のでのやり取りについては司法書士もサポートやアドバイスはしてくれるので、裁判所でのやり取りをすべてこちらに丸投げされるというわけではないです。

 

司法書士に依頼すると個人再生委員の選任が必要

 

個人再生を行う場合には個人再生の手続きをサポートする個人再生委員が選定されることがあります。

 

この個人再生委員は裁判所から選定された弁護士で、この個人再生委員を選任するために予納金として15万円から25万円程度必要になります。

 

東京地裁で手続きする場合には弁護士や弁護士に依頼した場合に個人再生委員が選任されますが、東京地裁以外の地方裁判所だと、個人再生を弁護士に依頼した場合には個人再生委員が選任されないです。

 

つまり司法書士の場合には裁判所へ個人再生委員の予納金が必要ですが、弁護士の場合には東京地裁以外なら予納金が必要ないということです。

 

予納金の額が大きいので、司法書士に個人再生を依頼する場合には大きなデメリットになります。

 

個人再生を司法書士に依頼する場合の最大のデメリットはやはり個人再生委員の選任ではないでしょうか。

 

正直言って個人再生委員の選任の予納金はかなり高額なので、これがあるかないかによって個人再生に必要な合計費用が大きく違ってきます。

個人再生を司法書士に依頼するメリット

司法書士個人再生メリット

 

個人再生を利用する場合にはデメリットを確認することも大事ですが、しっかりとメリットについても理解しておくことも大事です。

 

個人再生自体は非常に優れた債務整理方法なので、弁護士か司法書士かに依頼したことによって後で後悔するのはもったいないです。

 

では個人再生を司法書士に依頼するとどのようなメリットを受けることができるのでしょうか?

 

個人再生を司法書士に依頼するメリット

 

司法書士の方が依頼費用が安い

 

個人再生を司法書士に依頼する最大のメリットは依頼費用が安いということだと思います。

 

弁護士と比較して司法書士が個人再生の手続きで唯一優れている点は、依頼費用の安さではないでしょうか。

 

依頼費用の安さというのは、借金返済できなくて個人再生を検討している人からすると、非常に魅力的なメリットだと思います。

 

個人再生は手続きが複雑なので、依頼費用は元々かなり高額です。

 

そのため弁護士と司法書士で個人再生の依頼費用が10万円以上差があるというのが現状です。

 

参照:弁護士と司法書士の依頼費用の違い

 

個人再生を司法書士に依頼するとメリットは依頼費用の安さのみだと思いますが、債務整理を検討している人からすると、費用を節約できるというのは最大のメリットだと思います。

 

しかし個人再生にかかる費用は依頼費用だけでなく、裁判所で納める費用も考える必要があります。

 

個人再生の場合には司法書士は個人再生委員を選任する必要があり、その費用が15万円から25万円程度必要になります。

 

地方裁判所の場合だと、弁護士に依頼した場合にのみ個人再生委員の選任が免除されるのでこの費用のかからないです。

 

そのため依頼費用と裁判所での費用を総合すると司法書士と弁護士で違いがほとんどないケースが結構多いです。

個人再生を司法書士に依頼する場合には無料相談から行おう!

司法書士個人再生無料相談

 

個人再生をを司法書士か弁護士のどちらに依頼しようか悩んでいる場合には、弁護士や司法書士が行っている無料相談を利用してから検討するといいと思います。

 

ただあくまでも私の考えですが、個人再生に関しては弁護士に依頼した方がいいと考えます。

 

確かに依頼費用は司法書士の方が安いですが、個人再生委員の費用負担のために、総合的な費用では司法書士と弁護士で大きな違いはないです。

 

費用に大きな違いがないなら、個人再生の手続きを丸投げすることができる弁護士の方がメリットが大きいということになります。

 

そのため私がもしも個人再生をする場合には司法書士ではなく弁護士に依頼すると思います。

 

しかしあなたに最適な債務整理方法が本当に個人再生なのかという問題があります。専門家に相談するともっといい債務整理方法がある可能性もあります。

 

そのためまずは無料相談を利用して、自分の借金状況を説明して、個人再生が最適な債務整理方法なのかということから相談してはどうでしょうか?

 

正式に依頼する前でも、相談するだけなら無料で手軽に利用することができるので、個人再生などについてわからないことがあったら事前に質問しておくといいと思います。

 

当サイトでは個人再生や債務整理など借金返済について無料相談を受け付けている司法書士事務所や弁護士事務所を載せているので参考にしてください。

 

無料相談可能な司法書士と弁護士比較

 

無料相談可能な司法書士と弁護士のランキングはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加