任意整理を司法書士に依頼するメリットとデメリット

任意整理は司法書士に依頼すると得なのか?損なのか?

司法書士任意整理

 

任意整理をする人の多くは借金返済に困っていて、資産状況や収入状況から借金を返せないような状況に追い込まれてしまっている人が多いです。

 

借金返済のために任意整理を検討する人のほとんどは、手続きを司法書士や弁護士の専門家に依頼する場合が多いですが、どちらの専門家に依頼したらいいのか分からないという人は非常に多いです。

 

何となく弁護士に何かを依頼するのって敷居が高いと感じている人も多いのではないでしょうか?

 

弁護士に依頼するよりは司法書士に依頼した方が安くなりそうなイメージがあり、単純にイメージで司法書士を選んで任意整理手続きを依頼する人も少なくないです。

 

まあ、確かに弁護士に何かを依頼するのって勇気がいりますよね。

 

私も含めて多くの人は弁護士よりも司法書士に依頼する方が敷居が低いと感じるのではないでしょうか?

 

ただ任意整理を司法書士に依頼するなら、しっかりと損なのか得なのかというメリットやデメリットについてしっかりと把握することは大事なことだと思います。

 

まずは下記から任意整理を司法書士に依頼するメリットとデメリットを把握しておきましょう。

任意整理を司法書士に依頼するデメリット

司法書士任意整理デメリット

 

任意整理を司法書士に依頼する場合に、絶対把握しておくべきことはデメリットを知っておくことです。

 

司法書士に任意整理を依頼するデメリットを知らないままで、いきなり司法書士に任意整理を依頼してしまった場合に、依頼後に後悔する可能性が出てきてしまいます。

 

こういったことはメリットも大事ですが、それよりもデメリットをしっかりと抑えておくことが大事だと思います。

 

任意整理を司法書士に依頼するデメリット一覧

 

司法書士は取り扱える金額が140万円という規制がある

 

司法書士に任意整理を依頼する場合には、1件あたり140万円という規制があることを知らない人は意外と多いです。

 

借金額が1件あたり、140万円を超えている場合や、過払い金が140万円を超えているような場合には、司法書士は手続きを直ちに辞める必要があります。

 

これは最高裁判所で決定していることなのでどうしようもないデメリットです。

 

そのため手続きを依頼してから1件あたりの借金が140万円を越えているような場合にはほかの弁護士に依頼する必要があります。

 

任意整理で訴訟になった場合には弁護士に依頼する必要がある

 

任意整理などの任意整理をしていて、金融業者との借金返済の条件での和解交渉に失敗してしまうと、金融業者から「借金を直ちに返済するように」という訴訟を起こされてしまう可能性があります。

 

もし、金融業者などの債権者から訴訟を起こされてしまった場合には司法書士では訴訟に対応することはできないので、あらためて弁護士に依頼する必要があります。

 

ただ任意整理で訴訟になる可能性はそこまで高くないので、そこまで心配する必要はないです。

 

また訴訟になりそうな債権者については、司法書士の方であらかじめ経験から把握しているケースが多いので、そういった債権者を任意整理対象から外すなどの対策も可能なのでそこまで心配する必要がはないです。

 

任意整理を司法書士に依頼する場合のデメリットは上記のような感じになります。

 

一番のデメリットはやはり140万円の規制でしょうかね。

 

ただ140万円の規制は、債権者1件あたりの金額なので、借金が300万円でも、1件あたりが100万円とかなら普通に任意整理を依頼することができます。

 

債権額合計で140万円というわけではないので誤解しないようにしましょう。

任意整理を司法書士に依頼するメリット

司法書士任意整理メリット

 

任意整理を司法書士に依頼するメリットもしっかりと把握しておくと、無料相談などで任意整理について相談する際に話がスムーズに進められると思います。

 

では任意整理を司法書士に依頼するメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

任意整理を司法書士に依頼するメリット一覧

 

任意整理に特化している司法書士事務所がある

 

司法書士は個人再生や自己破産などの裁判所が関係するような債務整理方法では、代理人になれないので、担当できる仕事に制限があります。

 

しかし任意整理の場合には裁判所は関係なく、債権者と直接交渉して行う債務整理方法なので司法書士に全て任せることができます

 

そのため司法書士事務所の中には任意整理に特化しており、手続きに慣れている司法書士事務所があります。

 

任意整理を売りにしている司法書士事務所は交渉力があるので、こちらに有利な条件で返済条件を決められる可能性が高いです。

 

任意整理に慣れていれば、それだけ訴訟になるリスクも避けられるのでメリットが大きいです。

 

司法書士の方が依頼費用が安い

 

任意整理では弁護士と司法書士で140万円の規制があること以外は、手続き上でも弁護士これといった大きな違いはないです。

 

しかし債務整理費用全般で司法書士の方が弁護士よりも安く、任意整理の場合でも司法書士の方が弁護士よりも安いです。

 

任意整理では手続きで弁護士と司法書士でほとんど違いがないのに、司法書士の方が料金が安いというのは大きなメリットだと思います。

 

借金返済で困っているような状況で、専門家への依頼費用が安いというのは非常に大きなメリットです。

 

任意整理については1件140万円という規制はありますが、それを含めても司法書士に任意整理を依頼する価値は大きいと思います。

 

任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている方法なので、利用を検討しているような場合には、司法書士に依頼することをも一考するといいと思います。

任意整理を司法書士に依頼する場合には無料相談から行おう!

司法書士任意整理無料相談

 

任意整理を司法書士に依頼することを検討しているような場合には、まずは無料相談を利用して自分の借金の状況などを相談するといいと思います。

 

任意整理の場合には140万円という規制があるので、依頼することを躊躇する人もいますが、そういったことは無料相談を利用していればあらかじめ分かることなので問題ないです。

 

無料相談を利用せずに、いきなり司法書士に任意整理を依頼してしまって140万円の規制に引っかかったら不用意すぎます。

 

140万円の規制や過払い金の金額などについては、あらかじめ無料相談を活用して、しっかりと依頼前に相談しておけば回避できます。

 

任意整理に限ったことではないですが、基本的に債務整理を行う場合には、依頼前にしっかりと無料相談を活用することが大事になります。

 

債務整理に力を入れている司法書士事務所の場合には無料相談にも力を入れている所が多いです。

 

司法書士に依頼した方がお得なケースなのか、弁護士に依頼した方がいいのかは人によって違ってくるので、まずは無料相談で詳しい話を聞いてみるといいと思います。

 

当サイトでは無料相談可能なおすすめの司法書士事務所や弁護士事務所をいくつか載せているので好かったら参考にしてください。

 

無料相談可能な司法書士と弁護士比較

 

無料相談可能な司法書士と弁護士のランキングはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加