債務整理で司法書士費用が払えない場合の対処方法

債務整理で司法書士費用が払えないのではと心配する人は多い

債務整理司法書士費用払えない

 

債務整理は借金返済できない人が、法的に借金を整理して、自分の家計を再建して再出発するという国から認められた制度ですが、司法書士や弁護士に手続きを依頼すると費用が必要になってきます。

 

この債務整理に必要な司法書士の費用が払えない場合や、払える気がしないような場合には債務整理を行うことはできないのでしょうか?

 

司法書士費用などが払えないなら「自分で手続きすればいいのでは?」と思う人もいますが、債務整理をする場合には司法書士などの専門家の力は間違いなく必要です。

 

自分でやったら資料集めで挫折すると思うので、自分で手続きしようとは思わない方がいいです。

 

では収入や貯金がない人は債務整理する人ができないのでしょうか?

 

債務整理は司法書士費用がなくても手続きできる

 

債務整理について誤解している人が多いのですが、そもそも債務整理はお金がない人が手続きする債務整理方法なので、極端なことを言えば、手元に1円も無い状態で、借金しかないような状況でも手続きを依頼することができます。

 

債務整理をする場合には、最初に無料相談などをすると思いますが、その際に司法書士費用の支払についてあらかじめ相談しておけば、司法書士事務所の方で支払い方法について、こちらに無理の無い範囲で支払い方法を提案してくれます。

司法書士費用が後払い可能・後払い・着手金無料の事務所を選ぼう!

債務整理司法書士費用支払

 

司法書士費用が払えないと思っている人の多くは、費用が前払いだと思っているからではないでしょうか?

 

確かに司法書士の債務整理費用は弁護士と比べて安いとはいっても、数万円くらいはするので、手元にそのようなお金がないという人は多いです。

 

しかし基本的に債務整理を行っている司法書士事務所の多くは、後払い分割払い着手金無料の場合が多いです。

 

というか借金でお金がない人を相手にするのに、前払いしか対応してない司法書士事務所というのはありえないと思います。

 

債務整理に慣れている司法書士事務所は支払い方法が柔軟

 

債務整理案件に力を入れている司法書士事務所の場合には、司法書士に依頼する債務整理を依頼する人の経済状況を考えて、色々な支払い方法を用意している場合が多いです。

 

債務整理をしたとしても司法書士の依頼費用が大きな負担になっては意味がないので、司法書士事務所でも分割払いや後払いなどに対応している場合が多く、できるだけ負担を小さくするように配慮してくれます。

 

司法書士の支払い方法によってはかなり経済的な負担が小さくなるので、こういった支払い方法の豊富さなどは司法書士事務所の選び方にも繋がってきます。

 

無料相談の際に、支払い方法についてしっかりとこちらの経済状況を考えて提案してくれるような事務所に債務整理を依頼すると、債務整理後に後悔することもないと思うので、支払い方法はしっかりとチェックしておくといいです。

債務整理の司法書士費用はどのように捻出すればいいの?

債務整理司法書士費用捻出

 

債務整理を司法書士に依頼する場合に、どのように司法書士の費用をどのように捻出すればいいのかというのは大きな悩みの種になっている人も多いのではないでしょうか。

 

司法書士の費用が工面できるメドが立てばすぐにでも債務整理を司法書士に依頼したいという人も多いと思います。

 

では債務整理を司法書士に依頼する場合に、司法書士への費用はどのように工面すればいいのでしょうか?

 

債務整理の手続き期間中に司法書士費用を貯める

 

債務整理の手続きを司法書士に依頼すると、金融業者からの取立てがストップするので、手続き期間中は借金返済の必要がなくなります。

 

つまり司法書士が債務整理の手続きを行っている間は、借金返済のために必要な費用を払う必要がないので、その分だけお金が浮くことになります。

 

この本来は借金返済に充てるはずだったお金を貯めて、それを司法書士への依頼費用に充当すると、かなり費用負担が軽くなります。

 

債務整理の手続き期間は、債務整理方法によって違ってきますが、数ヶ月間は必要になってくるので、その間に司法書士への依頼費用を多少は貯めることができるので、この手続き期間に無駄使いしなければ、この期間だけで普通に依頼費用を工面できる場合もあります。

 

法テラスに費用を肩代わりしてもらう

 

法テラスは一定の利用条件を満たしていると、民事法律扶助制度というものを利用できるようになり、債務整理費用を法テラスから借りることができます。

 

無利息で借りることができ、返済額は毎月1万円程度などので経済的な負担はかなり小さくなると思います。

 

ただ利用するためには、資産や収入が一定範囲内であるという条件があるので、場合によっては利用できない可能性があるということを知っておきましょう。

 

ちなみに生活保護を受けているような状況だと、受給中は返済する必要がないので、実質的に無料で債務整理をすることができます。もちろん生活保護から脱却したら返済していく必要があります。

 

つまり収入がないような状況でも生活保護を受けるのであれば、法テラスを利用して実質無料で自己破産できるということになります。

 

もし利用する場合には債務整理について司法書士の無料相談を利用する際に一緒に相談してみるといいと思います。

 

家族や親族に相談

 

どうしても司法書士の費用が捻出できないような場合には、家族や親族に相談して援助してもらう必要があります。

 

基本的には仕事がある場合には、債務整理手続き期間中に費用を貯めることができるので、家族や親族まで相談する事態になることは少ないですが、不測の事態には誰か頼るということも大事になってきます。

 

まあ、費用を貯めている段階で、何か問題が発生したらとりあえずは、債務整理を担当してもらっている司法書士に一番に相談するといいと思います。

 

また失業していて、収入も貯金も無い状態でも、生活保護を法テラスを組み合わせれば、依頼費用も実質免除されるので、司法書士費用についてはあまり心配する必要がないことがわかると思います。

 

家族や親族に司法書士費用を頼るというのは最終手段だと思った方がいいです。

債務整理の司法書士費用がない場合には無料相談を活用しよう!

債務整理司法書士費用無料相談

 

債務整理の司法書士費用が1円も用意できないような場合には、無料相談を行っている司法書士事務所にまずは相談するといいと思います。

 

無料相談を行っている司法書士事務所の場合には、正式に債務整理を依頼する前なら無料で借金問題の相談にのってくれるので相談料などは必要ないです。

 

無料相談で司法書士費用などについて相談すれば、債務整理に慣れている司法書士事務所の場合には経済状況に合わせて支払い方法を融通してくれる場合が多いです。

 

最近では無料相談に対応している司法書士事務所が増えており、こういった無料相談を行うのは、司法書士事務所としては負担が大きくなるはずなので、それだけ債務整理案件に力を入れているということにもなります。

 

そのため無料相談を行っている司法書士事務所なのかということも、債務整理を司法書士に依頼する場合の一つの目安になってきます。

 

基本的に借金問題や債務整理について無料相談を行ってないような事務所は、債務整理に力を入れてない可能性があるので、個人的には避けた方がいいのではないかと考えます。

 

そんな司法書士事務所選びの目安になる無料相談を行っている司法書士事務所を当サイトではいくつかピックアップしています。

 

債務整理手続きで定評のあるオススメ司法書士事務所なので、無料相談を利用する際の候補にしてはどうでしょうか?

 

当サイトではメールや電話で気軽に無料相談することができるので気軽に問い合わせてみましょう。

 

借金返済出来る可能性がないなら無料相談しよう

 

借金返済の無料相談はトップページから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加