自己破産を司法書士に依頼するメリットとデメリット

自己破産は司法書士にも弁護士にも依頼することができる

司法書士自己破産

 

自己破産は裁判所を通して行う債務整理方法で、免責が認められると借金を返済する必要がなくなる債務整理方法ですが、自己破産については司法書士でも弁護士でも手続きを依頼することは可能です。

 

自己破産の手続きは他の債務整理方法と同じく、司法書士や弁護士に手続きを依頼しないといけないというわけではなく、自分で手続きしてもかまわないです。

 

ただ自己破産の手続きは非常に内容が複雑で、資料を集めたり作成するだけでも非常に多くの労力を必要とします。

 

自己破産は手続きが非常に複雑なだけでなく、裁判所が厳格に資料を見ているので、ちょっとした資料の不備があったりすると、免責許可が得られず、自己破産しても借金がなくならないという最悪な状況になる可能性があります。

 

こういったリスクを考えると自己破産を自分でやるという選択肢はないと考えます。

 

確かに自分で自己破産の手続きができれば、司法書士や弁護士への費用が節約できるのでメリットが大きいですが、その結果、裁判所から免責が得られなかったら意味ないですからね。

 

そのため自己破産するくらい経済的に追い込まれている人でも、自己破産については9割以上くらいの人が司法書士や弁護士に依頼して手続きしていると思っていいです。

 

では司法書士に自己破産の手続きを依頼するメリットやデメリットは何なのでしょうか?

自己破産を司法書士に依頼するデメリット

司法書士自己破産デメリット

 

自己破産を司法書士に依頼する場合に、弁護士とどっちがいいのか悩む人って多いんですよね。

 

自己破産は司法書士でも弁護士にも依頼することはできますが、司法書士と弁護士とでは担当できる業務に違いがあるので、しっかりと理解してから司法書士に依頼するのか、弁護士に依頼するのか決めるといいと思います。

 

特に依頼後に後悔しないためにも自己破産での司法書士のデメリットについては事前に把握しておきましょう。

 

自己破産を司法書士に依頼するデメリット一覧

 

司法書士が自己破産でできる業務は書類作成

 

自己破産をする場合には裁判所に提出する資料と、裁判所で裁判官との面談などがあり、それによって免責が認められて借金が返済の必要がなくなるかどうかが決まってきます。

 

弁護士の場合には資料作成はもちろんですが、裁判官とのやり取りも代理人として任せることができるので、基本的に手続きを丸投げすることができます。

 

ただ司法書士の場合には書類作成などはやってくれますが、裁判所でやり取りなどについては自分で行う必要があったりして、意外と自分でやるべきことが多かったりします。

 

裁判所でのやり取りについて不安に感じる人もいますが、司法書士も同席することはできるので、アドバイスを貰いながら手続きを進めることは可能です。

 

また裁判所との連絡や書類のやり取りについては司法書士がやってくれるので、面倒なことは一応司法書士が担当してくれます。

 

とは言っても司法書士の場合には弁護士のように手続きを丸投げできるわけではないので、そのあたりがデメリットになってきます。

 

司法書士が管財事件を担当する場合は費用が大きくなる可能性がある

 

自己破産には、管財事件と同時廃止という手続きがあり、資産がある人は管財事件資産がない人は同時廃止という手続きに進むことになります。

 

管財事件の場合には資産を調べたりする必要があり、そのための費用を裁判所に納める必要があります。

 

管財事件での裁判所費用は50万円以上からになっており、かなり負担が大きいです。

 

ただ弁護士の場合には資産が多くない場合には少額管財事件という制度を利用できる可能性があり、20万円以上からに費用を抑えることが可能です。

 

つまり裁判所に納める管財事件の費用について、弁護士の場合には20万円以上からで、司法書士の場合には50万円以上からになるということです。

 

自己破産の場合には個人再生と同様に裁判所が関わってくる手続きでは、代理人権がない司法書士の場合には担当できる業務に制限があるというのが大きなデメリットになります。

 

また自己破産で管財事件になりそうな場合には、裁判所費用が大きくなる可能性があるというのは致命的なデメリットだと思います。

 

ただ逆に資産がない人が行う同時廃止の場合にはこういった費用が発生しないので、このデメリットは無視できるということになります。

自己破産を司法書士に依頼するメリット

司法書士自己破産メリット

 

自己破産は弁護士に依頼する人が多いですが、司法書士に依頼するメリットは何かあるのでしょうか?

 

自己破産は失敗すると裁判所からの免責を得ることができずに、借金がなくならないので、しっかりと免責を裁判所から得るためにも手続きを失敗することはできないです。

 

では自己破産を司法書士に依頼するメリットはどのようなことがあるのでしょうか?

 

自己破産を司法書士に依頼するメリット一覧

 

司法書士の方が依頼費用が弁護士よりも安い

 

自己破産を司法書士に依頼する際の最大のメリットは、依頼費用が司法書士の方が安いということです。

 

自己破産する際に依頼費用が安いというのは非常に大きなメリットで、費用が安いという時点で司法書士に依頼をしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

 

やはり自己破産後の生活の事を考えると、できるだけ依頼費用を節約したいと考えるのは当然のことだと思います。

 

司法書士と弁護士の依頼費用は、事務所によって違いはありますが、大体10万円以上くらいは司法書士の安いので結構大きな差があります。

 

まあ、司法書士の場合には弁護士のように手続きを丸投げできない分だけ安くなっているという側面もあります。

 

参照:司法書士と弁護士の債務整理費用比較

 

司法書士は弁護士と比較すると依頼費用くらいしか優れている面はないですが、それでもお金がない自己破産の利用を検討している人からすると非常に大きなメリットです。

 

自己破産の手続きを丸投げできないということで、面倒に感じる人もいるかもしれないですが、時間の融通が利く場合には司法書士に依頼して、依頼費用を節約するということも考えてもいいかもしれないですね。

自己破産を司法書士に依頼する場合には無料相談から行おう!

司法書士自己破産無料相談

 

自己破産を最終的に司法書士に依頼するのか、弁護士に依頼するのかということで悩んでいる人が多いと思いますが、それは司法書士や弁護士の無料相談を利用してから判断するといいと思います。

 

そもそも自己破産があなたにとって最適な債務整理方法なのかどうかも、実際には間違っている可能性があるので、無料相談で司法書士や弁護士の判断してもらうといいと思います。

 

債務整理方法によって司法書士がいいのか弁護士がいいのかということが違ってくるので注意が必要です。

 

ちなみに私が自己破産を依頼するなら、同時廃止の場合には司法書士管財事件の場合には弁護士に依頼するのがいいのかなと思います。

 

自己破産で同時廃止になるのか、管財事件になるのかについても、無料相談を利用していれば、ある程度の事前に把握することができるので、いきなり自己破産を司法書士や弁護士に依頼しないようにしましょう。

 

自己破産の場合には、同時廃止になるか、管財事件になるかによって裁判所での費用が数十万円以上違ってくるので、あらかじめ把握しておくことは大事になってきます。

 

当サイトでは自己破産を含めて債務整理や借金返済について、無料相談を行っている弁護士事務所や司法書士事務所を載せているので参考にしてください。

 

メールや電話で空いている時間に相談することができるので気軽に利用してはどうでしょうか?

 

無料相談可能な司法書士と弁護士比較

 

無料相談可能な司法書士と弁護士のランキングはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加