クレジットカードはリボ払いで借金まみれになる人が多い

クレジットカード借金

 

クレジットカードで借金を作ってしまって返済できない状況になってしまう方は多いです。

 

クレジットカードは非常に便利で、昔と違って地上の買い物でもクレジットカードを利用するという方が増えてきています。またネット通販での買い物にクレジットカードを利用するという方も多く、昔よりも格段に利用機会が増えています。

 

特にアマゾンなどのネット通販で買い物をするのがストレス解消になってしまって、仕事帰りに無意識にアマゾンで買い物してしまっているという方もいるようです。

 

クレジットカードの場合はリボ払いという毎月の返済額が一定になる支払い方法があるので、買い物をしすぎたとしても毎月の支払い額が変わらないので、借金が増えているという自覚を感じにくかったりします。

 

そのためリボ払いによって、いつの間にか借金がどんどん増えてしまい、さらには利息によって支払い負担が増えてしまった結果、借金が払えないということになってしまう場合があります。

 

債務整理でクレジットカードの借金は減額・免除可能か?

債務整理クレジットカード

 

クレジットカードによる借金は債務整理で減額することや免除することが可能です。

 

クレジットカードによる借金を抱えている方は結構多くて、債務整理する場合の代表的な借金原因の一つだと思ってもらっていいです。

 

クレジットカードにはショッピングローンとキャッシング機能がありますが、債務整理を利用すればどちらの場合でも借金返済の負担を減らすことができるので、リボ払いなどで借金が増えてしまって返済が厳しい状況になってしまった場合には早めに検討したほうがいいです。

 

クレジットカードを含めて借金は支払いが遅れれば利息によってどんどん支払い負担が増えていくだけなので、返済が厳しいと思った時点で早めに債務整理などを検討してしまった方がいいです。

 

相談が遅れると債務整理をしたとして返済期間が長くなる可能性があるので、できるだけ傷が浅いうちに弁護士や司法書士などの専門家に相談するといいです。

クレジットカードの借金を減らせる債務整理方法

クレジットカード債務整理方法

 

クレジットカードを債務整理して支払い負担を減らす場合には、3つの債務整理方法が候補になってきます。

 

任意整理・個人再生・自己破産の3つの債務整理方法から選んでクレジットカードを債務整理するという方が多いです。

 

どの債務整理方法が良いのかということは、あなたの借金額や収入額、資産状況などによって違ってくるので、まずは簡単にそれぞれの債務整理の特徴について解説しようと思います。

 

任意整理

 

任意整理は弁護士や司法書士などがクレジットカード会社などの債権者と交渉して、借金の利息を免除してもらったり、返済期間を変更してもらって毎月の返済額を減らしてもらうという債務整理方法です。

 

債務整理方法の中では一番利用される債務整理方法で、持ち家や自動車などを売却せずに借金返済の負担を減らすことができるので、家庭環境を変えずに借金返済の負担だけを減らすことができるという特徴があります。

 

また家族に内緒で手続きすることもできるので、家族に借金を知られることなく返済負担だけを軽くしたいという場合に便利です。

 

ただ借金返済の減額幅がそこまで大きくないので、どちらかということ、そこまで借金額が大きくなくて、仕事がある人向けの債務整理方法になります。

 

参照:任意整理とは?

 

個人再生

 

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法で、手続きが非常に複雑で難しいということもあり、弁護士への依頼が必須の債務整理方法になります。

 

手続きは非常に複雑ですが、借金の減額幅は任意整理よりも全然大きく、任意整理とは違って、利息だけでなく借金の元本をばっさりと減額することができるという特徴があります。借金を最大で10分の1まで減額することができるので、非常に強力な債務整理方法です。

 

個人再生の場合は全ての借金が債務整理対象になってしまうのですが、住宅ローン特則を利用すると住宅ローンを残したままで債務整理できるので、家を残したままで大幅に借金減額できるので、家族に負担をかけることなく債務整理できます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい手続き方法なので、借金額が大きくて仕事がある方向けの債務整理方法になります。

 

参照:個人再生とは

 

自己破産

 

自己破産も個人再生と同様に裁判所で手続きする債務整理方法で、裁判所から免責を得ることによって借金返済の義務がなくなり、借金がゼロになるという債務整理方法です。

 

非常に強力な債務整理方法ですが、裁判所から免責が得られないと借金がはなくならないので、無条件に借金がなくなるというわけではないです。ただ弁護士手続きを頼めばよほどのことがない限りは免責は認められます。

 

そのためクレジットカードを含めた借金額が大きく膨らんでしまって、支払いの見込みがまったくないような状況の最終手段になります。

 

自己破産の場合は、借金額が大きすぎたり、現在仕事をしてなくて収入のあてがないような状況の場合に利用したい債務整理方法になります。

 

参照:自己破産とは

クレジットカードを債務整理する場合の注意点

債務整理クレジットカード注意点

 

クレジットカードは債務整理手続きよって普通に借金返済の負担を減らすことができるので、債務整理できずに支払い負担が減らないという心配はないです。

 

ただクレジットカードを債務整理する場合にはショッピングローンを利用して購入した物品がある場合には注意が必要になってきます。

 

クレジットカードを債務整理すると、ショッピングローンも債務整理することになりますが、ショッピングローンでまだ支払い途中の商品があった場合には、商品が引き揚げられてしまう可能性があります。

 

商品の代金を全て支払ってないのだから商品を引き揚げられても仕方ないです。そのためショッピングローンを支払っていて引き揚げられたくない商品がある場合には注意が必要です。

 

ただ全ての商品が引き揚げられるというわけではなく、日常生活で利用しているような数百円の商品などは引き揚げられることはないと思います。

 

あくまでもショッピングローンで購入した高額商品が引き揚げ対象になるかもしれないということです。この辺りはカード会社によって判断されるので、一概にどのくらいの金額の商品が対象になるかはわかりません。

債務整理後クレジットカードは利用できるのか?

債務整理後クレジットカード

 

クレジットカードを債務整理すると、当然ですがクレジットカードは利用できなくなってしまいます。カードを債務整理するということは借金を踏み倒すということになるので、カードは利用できなくなると思っていいです。

 

そのためクレジットカードを利用できなくなるということで債務整理を躊躇する方も珍しくないです。

 

ただ借金はそのままにしているとどんどん支払い負担が増えていくだけで状況は悪化していってしまうので、早めに債務整理をしてしまった方がいいです。

 

債務整理してないクレジットカードは使える?

任意整理の場合だと、債務整理対象を選べるので、任意整理の対象にしてないカードはしばらくはそのまま利用することができます。ただカード更新のタイミングで利用できなくなると思ったほうがいいです。

 

債務整理をすると借金の履歴である信用情報が信用情報機関のブラックリストに登録されてしまうので、カード更新のタイミングで債務整理したことが知られてしまい、カード更新を断られてしまいます。

 

そのため債務整理対象にしてないカードもいずれは使用できなくなると思ったほうがいいです。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

債務整理後いつからクレジットカードは使える?

債務整理後いつからクレジットカードは使える

 

債務整理後はクレジットカードが利用できなくなりますが、一生カードが利用できないということはないです。

 

債務整理をすると信用情報がブラックリストとに登録されてしまって、カードを申し込んだとしても信用情報の審査で落ちてしまうのでカードを作ることはできないです。

 

そのため信用情報がブラックリストから削除されれば普通にカード審査も通るようになってきます。

 

このブラックリストの掲載期間は債務整理方法によっても違ってきますが、基本的には5年から10年くらいの間だと思っておくといいです。

 

それまでの間はクレジットカードを作りたくても作ることができないので、クレジットカードを日常的に利用している方からすると苦労するかもしれないですが、借金体質から脱却するためにも、頑張ってクレジットカードに頼らない生活に慣れておくといいです。

まとめ

債務整理クレジットカードまとめ

 

クレジットカードによる借金は債務整理で減額したり免除することができるので、カードによるキャッシングやショッピングローンの支払額が大きくなりすぎて払えないというような状況の場合は早めに債務整理を検討するといいです。

 

クレジットカードでの借金の場合は、任意整理・個人再生・自己破産など全ての債務整理方法で支払い負担を減らすことができるので、借金額がや収入状況、資産状況などによって債務整理方法を選ぶといいと思います。

 

ただ自分だけで利用する債務整理方法を選ぼうとすると失敗する可能性があるので、債務整理方法を選ぶ場合には弁護士や司法書士に相談してから選ぶといいと思います。

 

当サイトでは債務整理に強い弁護士や司法書士をランキングにしてまとめており、掲載している弁護士や司法書士は全て無料相談に対応しているので、メールや電話で気軽に無料相談できるようになっています。

 

下記で都道府県別にオススメの法律事務所をピックアップしているので参考にしてください。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる債務整理におすすめな司法書士事務所は、債務整理の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

債務整理が得意な司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな司法書士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県