債務整理で司法書士と弁護士とで費用が違う理由

債務整理で司法書士と弁護士とで費用が違う理由

 

債務整理を弁護士や司法書士に依頼する場合に、料金を比較すると若干司法書士の方が安く依頼を受けています。

 

確かに弁護士の方が敷居が高いですが、だからといって司法書士の方が費用が安いという理由にはならないですよね。

 

債務整理を依頼する場合に司法書士の方が費用が安いのには理由があります。

 

司法書士は業務範囲が限定される

 

司法書士と弁護士の債務整理費用に差が出てしまう一番大きな理由は、司法書士にだと担当できる業務範囲が限定されてしまうからです。

 

裁判所が関係するような法廷業務がある場合には、司法書士は代理人に慣れないので業務が限られます。弁護士は裁判所が関係するような業務も代理人として行うことができるので、担当できる業務量の違いのため、司法書士の方が費用が安いと考えられます。

 

債務整理での仕事の量が違えば費用が違うというのは当然のことなので、司法書士の方が費用が安いというのは弁護士と比べて業務量が少ないためなんですよね。

 

そのため単純に費用が安いということで司法書士を選ぶと、任せられると思っていた業務が任せられず、予想外の手間がかかる可能性があるので、あらかじめどこまでの業務を担当してくれるのか確認することが大事になります。

司法書士と弁護士では債務整理の手続き費用にも違いがある

司法書士と弁護士では債務整理の手続き費用にも違い

 

債務整理を行う場合に多くの人は弁護士や司法書士への依頼費用に注目しがちですが、債務整理では弁護士や司法書士への報酬以外にも、裁判所に収める予納金などの費用が必要になってきます。

 

裁判所が関係する債務整理の場合だと、予納金は必要になってくるので、個人再生や自己破産で債務整理を行う場合には、裁判所に収める予納金のことも考えて、司法書士に依頼するか、弁護士に依頼するか考える必要があります。

 

そこで債務整理方法ごとに司法書士や弁護士への依頼費用以外にどのような手続き費用が必要なのか見ていきましょう。

 

任意整理の手続き費用とは

 

任意整理は基本的に弁護士や司法書士に支払う、着手金や報酬金以外の費用は必要ないと思っていいです。

 

任意整理は弁護士や司法書士が裁判所を通さずに行う債務整理方法なので、司法書士や弁護士への支払い費用がそのまま手続き費用になってきます。

 

そのため、任意整理の場合には弁護士と司法書士で業務の違いがほとんどないので、単純に費用で依頼する事務所を選ぶことができます。

 

個人再生の手続き費用とは

 

個人再生の場合には裁判所での手続きが必要になってくるので、弁護士や司法書士への依頼費用以外にも裁判所に支払う手続き費用が必要になってきます。

 

収入印紙:1万円
官報掲載費用:1万2000円
郵便切手:1600円
個人再生委員への報酬:15万円〜25万円

 

個人再生を司法書士に依頼した場合には、弁護士よりも個人再生委員への報酬が高額になるので、手続き費用が弁護士に依頼した場合と比べて高額になってしまいます。

 

自己破産の手続き費用とは

 

自己破産の場合も個人再生と同様に裁判所での手続きが必要になってくるので、弁護士や司法書士への依頼費用以外に、裁判所に納める費用が必要になってきます。

 

収入印紙:1万円
官報掲載費用:1万2000円
郵便切手:1600円
同時廃止の場合:予納金1万円から3万円
管財事件の場合:予納金50万円以上
少額管財事件の場合:予納金20万円以上

 

自己破産の場合には管財事件か同時廃止かで大きく裁判所に収める費用が違ってきますが、これは資産額によって違ってきます。

 

弁護士の場合には管財事件の場合でも、予納金が少ない少額管財事件を利用出きる可能性があります。

 

しかし司法書士に依頼すると少額管財事件は利用できないので注意が必要です。

債務整理を司法書士か弁護士のどちらに依頼するかは無料相談で決めよう

債務整理を司法書士か弁護士のどちらに依頼するかは無料相談

 

債務整理を弁護士や司法書士に依頼する場合には、いきなり債務整理の依頼をするのではなく、あらかじめ無料相談を行っている司法書士や弁護士の事務所に費用見積もりを出してもらうといいです。

 

その際に、単純に弁護士や司法書士への依頼費用だけでなく、それ以外の費用を含めた合計額がどれくらいになるのかも確認しておくといいです。

 

個人再生や自己破産の場合には、単純に依頼費用だけなら司法書士の法が安いですが、裁判所への費用を含めた総合的な費用で比較すると、弁護士の方が安い場合もあります

 

そのため費用が安い司法書士や弁護士を探すためには、あらかじめ無料相談を利用してある程度の費用を算出してもらう必要があります。

 

あくまでも私の考えですが、任意整理なら司法書士、個人再生や自己破産なら弁護士に依頼するのがいいのではないかと思います。

 

債務整理を行う人の多くは、デメリットが小さくて費用が安い任意整理を利用するので、任意整理の場合には司法書士を中心に良さそうな司法書士事務所の無料相談を利用するといいです。

 

当サイトではおすすめの司法書士事務所や弁護士事務所をランキング形式で紹介しているので参考にしてください。

 

メールや電話で気軽に無料相談できる事務所しか載せてないので、まずは無料相談から自分の借金状況について相談するといいです。

 

依頼費用の見積もりは無料相談から

 

債務整理対応事務所のランキングはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加