司法書士は1件あたり借金が140万円を超える案件は取り扱えない

司法書士140万円

 

司法書士に借金返済の負担を軽くするために債務整理を依頼する場合に問題になってくるのが140万円の規制です。

 

 

この140万円の規制については借金の総額が140万円以下なのか、個別借金が140万円以下なのかということでどっちなのか迷っている人が多いですが、これは1件あたりの借金額が140万円以下が規制対象になります。

 

規制対象になるのは1件あたりの借金額が140万円を超える場合

 

誤解しないで欲しいのは借金総額が140万円以下でないといけないということではないということです。

 

借金の総額が300万円や400万円だったとしても、複数業者からの借金で1件辺りの金額が140万円以下なら司法書士に債務整理を依頼することができるということです。

 

この140万円の規制については平成28年6月27日の最高裁判所の判決で確定したことなので、この内容が変わることはないと思っていいです。

 

またこの判決が出たのが比較的最近のことなので、この140万円の規制を知らない人や、規制内容を誤解している人も多いのではないでしょうか。

 

そこで具体的を一つ載せておきたいと思います。

 

借金の総額が500万円で、その内訳が、A社100万円、B社100万円、C社100万円、D社100万円、E社100万円の場合には司法書士に債務整理を依頼することができるのか?

借金の1件辺りの金額が140万円を下回っているので司法書士に債務整理を依頼することは可能。

 

司法書士の140万円の規制は大きなデメリットですが、1件あたりの借金額の規制ということであれば、そこまで大きな影響はないかと思います。

 

正確に内容を把握しておけば問題ない規制だと思います。

司法書士が140万円の借金案件規制をされる根拠とは?

司法書士140万円根拠

 

司法書士の140万円の借金案件規制は最高裁判所まで争われた案件ですが、これは日本司法書士会連合会と日本弁護士連合会が争った大きな裁判です。

 

そもそも裁判の発端は司法書士事務所に勤務していた男性が、その司法書士事務所の債務整理業務が裁判外代理権の範囲を逸脱していると告発したのが始まりのようです。

 

そんな司法書士の140万円の借金規制問題には2つの論点があります。

 

140万円の根拠は借金額なのか経済的利益なのか?

 

問題になったのが元々あった「140万円の規制」が「借金額」のことなのか「債務整理で減らせた額」のことなのかということです。

 

結果は日本弁護士連合会が主張した「借金額」が140万円の根拠になるということに決まりました。

 

まあ、140万円を債務整理で減らせた額などにしてしまうと、事前に司法書士に債務整理を依頼できるのか、利用する側で判断することができないですからね。

 

さらに悪徳司法書士の場合には過払い金などで140万円以上の金額が戻ってくるような場合でも、規制に配慮して過払い金返還額を140万円以下に抑える可能性があります。

 

こういった事を考えると裁判所の判断は正しかったのではないかと思います。

 

140万円は総額なのか個別なのか?

 

140万円の借金規制訴訟の2つ目の論点は、140万円が借金総額なのか、1件あたりの金額なのかということです。

 

日本司法書士会連合会の方は「140万円は1件あたりの金額」と主張し、日本弁護士連合会は「140万円は借金総額」とそれぞれ主張しました。

 

裁判所が140万円が総額か個別かということによって、司法書士の債務整理案件の仕事に大きな影響が出るので、司法書士からすると死活問題ですよね。

 

140万円が総額に決まったら司法書士が担当できる借金案件はかなり狭まってしまうので、廃業する司法書士事務所も増えるところです。

 

判決では日本司法書士会連合会の主張である「140万円は1件あたりの金額」が認められて現在に至るということです

 

こうして見ると、140万円の根拠がこれだけの裁判で争われて決まっているということがわかると思います。

 

長々と説明しましたが、債務整理を利用する私達は、とりあえず借金額を司法書士や弁護士の無料相談を利用して確定し、140万円以上なら弁護士に債務整理を依頼し、140万円以下なら司法書士と弁護士を調べて依頼するという感じでいいと思います。

司法書士に依頼する前に借金が140万円を超えているか不安なら無料相談を利用しよう!

司法書士140万円依頼相談

 

司法書士には140万円の規制がありますが、それなら最初から規制のない弁護士に債務整理を依頼すればいいのでは?と思う人もいると思います。

 

確かに司法書士と弁護士の利用条件が同じなら規制がない弁護士に依頼した方が面倒がなくていいのですが、債務整理は総合的に依頼費用が弁護士よりも司法書士の方が安いんですよね。

 

弁護士費用はどうしても司法書士よりも高額になるので、お金の問題があり、債務整理を検討している人からすると、依頼費用が安い司法書士を利用して債務整理したいというのは当然のことです。

 

弁護士と司法書士とでは依頼費用が数万円は違ってくるので、どちらに依頼するかによって経済的な負担が大きく違ってきます。

 

そのため140万円の規制があったとしても、費用が安い司法書士を利用したいというのは納得できるのではないでしょうか。

 

ただ1件あたりの借金額が140万円を超えている場合には弁護士に依頼する必要があるので、あらかじめ司法書士に依頼することが可能なのか調べておく必要があります。

 

そこで利用できるのが、司法書士や弁護士の無料相談になります。

 

いきなり司法書士に依頼して140万円の規制にひっかかるのが怖いなら、あらかじめ司法書士や弁護士の無料相談を利用して、司法書士などから債務整理が可能なのか確認しておけばいいのです。

 

無料相談を利用すれば、司法書士を利用できるのかということはもちろんですが、自分に合っている債務整理方法や、借金返済での悩みまで相談することができるので活用してはどうでしょうか?

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる債務整理におすすめな司法書士事務所は、債務整理の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

債務整理が得意な司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな司法書士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金返還請求
任意整理
個人再生
自己破産

司法書士・弁護士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
債務整理女性専用窓口
債務整理内緒秘密

債務整理する理由や状況から選ぶ

クレジットカード
カードローンキャッシング
FX・株・仮想通貨
ギャンブル
離婚養育費慰謝料
母子家庭
奨学金
闇金