カードローンなどキャッシングによる借金は債務整理可能

カードローンキャッシング債務整理

 

カードローンなどキャッシングによる借金は、借金の原因としては非常にメジャーで、簡単にお金を借りられるということもあり、債務整理をする場合には、こういったカードローンなどキャッシングが含まれていることは多いです。

 

カードローンなどキャッシングによる借金は債務整理によって減額したり免除することが可能なので、カードローンやキャッシングによって借金額が大きくなってしまって払えないなら早めに債務整理を検討するといいです。

 

ただカードローンなどによるキャッシングでの借金を債務整理する場合には、利用していたカードローンが消費者金融のものなのか、銀行のものなのかによって若干違いがあるので注意が必要です。

 

ここではカードローンによる借金を債務整理するメリット・デメリットや銀行カードローンを債務整理する場合の注意点、債務整理後にカードローンは使用できるのかということをわかりやすく説明します。

 

カードローン(キャッシング)を債務整理するメリット

カードローンキャッシング債務整理メリット

 

カードローン(キャッシング)は債務整理によって借金を減額や免除することができますが、他には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

何となく債務整理を利用すると借金返済の負担が軽くなるといういイメージがある方は多いですが、具体的に債務整理をすることによって、カードローンなどのキャッシングによる借金に対してどのようなメリットがあるのか把握している方って結構少ないです。

 

そこで下記でカードローン(キャッシング)を債務整理するメリットをまとめたので参考にしてください。

 

カードローン(キャッシング)を債務整理するメリット
  • 利息を免除できる
  • 借金の取立てをストップできる
  • 差し押さえを止められる

 

利息を免除できる

 

債務整理をすると借金の利息が免除できるので、これまで借金の利息の支払いで困っていた場合には利息による返済額が増加を抑えて、元本の返済だけに集中することができます。

 

利息の免除は一番借金の減額効果が小さい任意整理でも可能なことで、任意整理なら家や自動車などの資産を売却せずに借金返済の負担だけを軽減でき、司法書士への依頼料金も安いので、かなりコスパが良いと思います。

 

カードローンなどのキャッシングによる借金の場合だと、当サイトでは金融会社への債務整理に強い司法書士をランキングにしてピックアップしているのでかなり参考になると思います。

 

利息の支払いが負担に感じているなら債務整理は十分に検討する価値があると思います。

 

借金の取立てをストップできる

 

債務整理をすると金融業者や保証会社などからの借金の取立てをストップできるという効果があります。

 

借金の取立ては正規の金融会社の場合はそこまで厳しいものではないですが、それでも借金返済の督促がくると精神的なストレスはかなり大きなものになります。

 

しかし債務整理を司法書士に依頼すると、受任通知が金融業者などの債権者に送られることになり、そのことによって借金問題の窓口が司法書士になるので、本人への取立てはできなくなります。

 

そのため債務整理を司法書士などに依頼することによって、借金取立てをストップすることができ、精神的に安定した生活をすることができます。

 

差し押さえを止められる

 

カードローンなどのキャッシングによる借金は滞納を続けていると督促状が届いて、最終的には裁判になってしまい資産や給料などが差し押さえられてしまいます。

 

借金を滞納していて資産や給料が差し押さえられると非常に厄介です。特に給料が差し押さえられると今後の生活にも影響してくるので非常にマズイことになります。

 

そのため、もしも差し押さえの可能性があるなら早めに債務整理を検討するといいです。任意整理では差し押さえは止められないですが、個人再生や自己破産なら差し押さえを止めることができます

 

個人再生や自己破産なら強制執行による差し押さえもストップすることができるので、借金で資産や給料が差し押さえられそうなら、早めに司法書士に相談して債務整理を検討するといいです。

カードローン(キャッシング)を債務整理するデメリット

カードローンキャッシング債務整理デメリット

 

カードローン(キャッシング)を債務整理する場合には上記のようにメリットが多数ありますが、まったくデメリットがないというわけではないです。

 

債務整理をすると借金返済の負担が軽くなるだけでなく、取り立てをストップしたり、差し押さえも止めることができますが、こういった都合のいい手続き方法が何のデメリットもなく利用できるということはないです。

 

利用後に後悔しないためにも事前にカードローンを債務整理するデメリットはしっかりと把握しておきましょう。

 

カードローン(キャッシング)を債務整理するデメリット
  • 信用情報がブラックリストに登録
  • 社内ブラックになる可能性がある
  • 司法書士などへの依頼費用が必要

 

信用情報がブラックリストに登録

 

債務整理をすると信用情報がブラックリストに登録されてしまって、借金ができなくなってしまったりローンが組めなくなったりクレジットカードが利用できなくなるなどのデメリットが発生します。

 

信用情報というのは借金の履歴データのようなもので、個人が金融業者などに借金やローンを申し込んだり、カード会社にクレジットカード作成を依頼したりすると、金融業者やカード会社は信用情報を参考にして与信審査などを行います。

 

そのため債務整理をすると信用情報に債務整理したことが掲載されることになるので、ローンやカード審査に落ちることになります。

 

参照:信用情報のブラックリスト登録とは

 

社内ブラックになる可能性がある

 

債務整理をするとカードローンなどキャッシングによる借金を踏み倒すことになってしまうので、金融業者からすると大きな問題になります。貸したお金が戻ってこないことになるので企業からすると大きな損です。

 

債務整理をすると信用情報がブラックリストに登録されてローンが組めなくなったりカードが作れないなどのデメリットが発生しますが、それはあくまでも5年から10年の期限付きでのことです。そのため5年以上経過すれば普通にローンやカードが作れる可能性があります。

 

しかし債務整理対象になった企業では借金を踏み倒されたという社内データがずっと残ることになるので、債務整理でのブラックリスト登録期間が過ぎたとしても、その企業でのローンやカード作成審査で落ちる可能性があります。

 

社内データのブラックリストである社内ブラックは信用情報とは違ってずっと残ってしまうので厄介です。

 

ただ社内データなので他企業に共有されるわけではないため、他の会社のサービスを利用すれば影響は受けないです。

 

司法書士などへの依頼費用が必要

 

カードローンやキャッシングによる借金を債務整理する場合には、司法書士などの法律の専門家に手続きを依頼するのが一般的なので、依頼費用が必要になります。

 

そのため依頼費用が必要になるというのがデメリットになります。借金返済が厳し状況で司法書士事務所への依頼費用が必要なのは手痛い出費ですが、借金返済の負担軽減と比べれば明らかに依頼したほうが得です。

 

個人再生や自己破産の場合は借金の減額幅が決まっているので、ある程度の借金減額の見込みを立てることができますが、任意整理の場合は交渉によって返済条件が決まるので、経験豊富な司法書士に依頼すれば安い費用で大きな成果を上げてくれる可能性があります。

 

依頼費用は大きなデメリットですが債務整理はそれを上回るメリットをもたらしてくれます

銀行カードローンの場合は注意が必要!

銀行カードローンキャッシング債務整理

 

カードローンなどキャッシングによる借金は消費者金融などからのものと銀行からのものに分けることができます。

 

消費者金融などからのカードローン(キャッシング)の場合は普通に問題なく債務整理をすることによって返済負担を軽くすることができますが、銀行のカードローン(キャッシング)を債務整理する場合には少し注意が必要です。

 

別に銀行のカードローン(キャッシング)が債務整理できないというわけではないのですが、債務整理による影響が出るということを知っておく必要があります。

 

具体的には「口座凍結」や「住宅ローンが組めない」などの影響が出る可能性があります。

 

口座凍結の可能性がある

 

銀行のカーローンやキャッシングの場合だと銀行口座に紐づいていることが多いです。消費者金融の場合だと銀行口座が紐づいていることはないので問題ないです。

 

そのため銀行のカードローンやキャッシングをすると紐づいている銀行口座が凍結されて、口座内のお金と借金が相殺されることになってしまいます。

 

そして保証会社から代位弁済を受けて借金問題を解決してからようやく口座凍結が解除されることになります。

 

この口座凍結期間は銀行によって違ってきますが、1カ月から2カ月くらいは続く可能性があります。口座凍結されると、入金はできますが出金することができないので、口座凍結中に給料や年金などの生活に必要なお金が振り込まれたとしても出金することができないです。

 

また口座引き落としも当然できなくなるので、公共料金などを滞納することになってしまいます。

 

そのため銀行カードローンを債務整理する場合は事前に口座内のお金を出金して、給料や年金などの振込口座になっている場合は事前に変更しておく必要があります。

 

社内ブラックで住宅ローンが組めないかも

 

銀行のカードローン(キャッシング)を債務整理すると、銀行からの借金を踏み倒すことになってしまうので、そのことが銀行内の社内データに保管されることになり、社内ブラックとして残ることになります。

 

そのため債務整理後に信用情報のブラックが解除されたので、住宅ローンなどの借金を申し込んだとしても、社内ブラックの影響で審査に落ちる可能性があります。

 

また銀行はグループ企業が複数あることも珍しくないので、グループ企業で社内ブラックが共有される可能性もあり、他の一般的な消費者金融などよりも債務整理に対する影響が強くなる可能性があると思っておいた方がいいです。

債務整理後はカードローンによるキャッシングは可能か?

債務整理後カードローンキャッシング

 

債務整理後にカードローンなどキャッシングによる借金が可能かどうか気になっている方もいると思いますが、結論から言ってしまうと可能です。

 

ただあくまでも信用情報のブラックリストから削除された後ならということです。そのため債務整理後、最低でもの5年くらいの間はカードローンによるキャッシングは難しいと思ったほうがいいです。

 

債務整理後に借金することができないということで不安に感じる方も多いかと思いますが、借金が当たり前の生活から脱出するためだと思って、5年間は借金を我慢するようにしましょう。

 

ただ中には債務整理後にキャッシングができないということで、闇金からお金を借りてしまって、さらに状況が悪化するという方もいます。闇金の中には債務整理をした方をターゲットにして貸し付けを行う業者もいるので注意が必要です。

 

債務整理後はしばらくの間は借金できないということをあらかじめ理解して生活を送ることが大事になってきます。もし債務整理後に返済が難しい状況になってしまった場合には、債務整理を依頼した司法書士に相談すれば対策を考えてくれます。

まとめ

債務整理カードローンキャッシングまとめ

 

カードローンなどキャッシングによってできてしまった借金は債務整理手続きによって減額したり免除することができるので、返済できなくて督促状が届いたり、資産の差し押さえの懸念がある場合には早めに債務整理したほうがいいです。

 

債務整理をするとカードローンなどによる借金の取立てがストップするだけでなく、資産や給料の差し押さえもストップすることできます。

 

ただカードローンなどのキャッシングで銀行からの借金のを債務整理する場合には、紐づいている銀行口座が凍結することになるので、事前に口座内のお金を出金したり、給料や年金の振込先を変えておく必要があります。

 

カードローンなどのキャッシングでの借金は任意整理でも個人再生、自己破産でも借金整理することができるので、あなたの借金額や収入、資産状況などに合わせた債務整理方法を選ぶことが重要になってきます。

 

当サイトでは債務整理に強い司法書士を都道府県別にまとめているので参考になると思います。また載せている司法書士事務所は全て無料相談に対応しており、公式サイトからメールや電話で気軽に相談できるようになっているので参考にしてください。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる債務整理におすすめな司法書士事務所は、債務整理の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

債務整理が得意な司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな司法書士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県