債務整理は司法書士か弁護士に依頼して手続きする

債務整理司法書士

 

債務整理は借金を減額したり、裁判所に免責を求めることによって返済する必要がなくなるという、合法的に借金負担を軽くするという法的な手続き方法になります。

 

 

債務整理は任意整理、個人再生、自己破産という手続法方がありますが、どれも借金の負担を軽くするという意味では共通の効果があります。

 

借金返済で困っている人はこれらの債務整理方法から自分に最適だと思った手続き方法を利用して債務整理を行っていくことになります。

 

債務整理は法的な手続き方法なので、どの債務整理方法も手続きは簡単ではなく、司法書士や弁護士などの専門家に依頼して手続きするのが通常です。

 

司法書士と弁護士で手続きや費用に違いあるの?

 

債務整理は司法書士か弁護士に手続きを依頼して、借金を減額してもらう場合が多いですが、司法書士と弁護士で何か手続きや費用について違いはあるのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと債務整理方法によって、司法書士と弁護士では手続きの違いや費用の違いがあります。

 

参照:債務整理での司法書士と弁護士の違い

 

司法書士と弁護士にも違いがあるのはもちろんですが、債務整理方法によってもメリットやデメリットが違ってきたりするのでしっかりと把握しておくといいと思います。

債務整理を司法書士に依頼するメリット

債務整理司法書士メリット

 

債務整理を司法書士や弁護士に依頼する場合のメリットについては、あらかじめしっかりと確認しておくといいと思います。

 

基本的に債務整理は司法書士や弁護士に依頼して手続きを行うことになり、実際に債務整理を行う人のほとんどが司法書士などの専門家に依頼して債務整理を行います。

 

これは司法書士などの専門家に依頼した方がメリットが大きいからです。では債務整理を司法書士に依頼するメリットとはどこにあるのでしょうか?

 

債務整理を司法書士に依頼するメリット一覧

 

・借金が減額されたり免責される
・金融業者などからの取立てや督促をストップできる
・家族や会社に内緒にしたまま借金を整理できる

 

借金が減額されたり免責される

 

債務整理を司法書士に依頼する大きなメリットは、借金が減額されたり免責されて返済する必要がなくなるということだと思います。

 

債務整理を行う人は、借金の減額や免責が目的で利用するので、その手続きを専門家に任せると手続きがスムーズに進んだり、返済条件をこちらに有利な条件で合意できる可能性につながります。

 

司法書士の場合では、任意整理に特化しているような司法書士事務所があり、利用料金も弁護士よりも安いので、任意整理の場合には司法書士の利用にメリットがあります。

 

債務整理は手続き方法が複雑なので、専門家に依頼するなら、できるだけ手続きに慣れている司法書士や弁護士に依頼するようにしましょう。

 

参照:任意整理の司法書士利用のメリットとデメリット

 

金融業者などからの取立てや督促をストップできる

 

金融業者からの借金の取立に困っている人も多いのではないでしょうか。

 

借金の取立てがあると、借金問題を抱えていると家族や周囲の人に知られてしまう可能性があり厄介です。

 

また場合によっては資産や給料を差し押さえられてしまう可能性があります。

 

しかし司法書士などの専門家に債務整理を依頼すると、受任通知を金融業者などに通知することになり、このことによって借金の取立てや督促をストップすることができます。

 

借金の取立や督促がストップすると、それだけ精神的な負担も軽くなるので、大きなメリットです。

 

家族や会社に内緒にしたまま借金を整理できる

 

借金を抱えている人の中には家族や会社に内緒にした状態で借金を整理したいと考えている人も多いです。

 

借金問題は家庭や会社にも影響するので、できれば自分だけで対処したいと思うのは当然のことだと思います。

 

自己破産や個人再生の場合には官報などによって知られてしまう可能性がありますが、任意整理の場合には債権者と債務者の当事者が話し合って返済条件を決める債務整理方法です。

 

そのため任意整理は当事者同士が行う債務整理方法なので、家族や会社に内緒にした状態で債務整理することが可能です。

 

司法書士等の専門家は「内緒で債務整理したい」という要望をよく受けるので、債務整理に慣れている司法書士事務所などは、連絡方法などにも気を遣いながら債務整理してくれます。

 

司法書士等の専門家に依頼することによって、任意整理などでは借金の返済条件が有利になることもあり、メリットは非常に大きいです。

 

では司法書士などの専門家に債務整理を依頼するデメリットはどのようなことが考えられるのでしょうか?

債務整理を司法書士に依頼するデメリット

債務整理司法書士デメリット

 

債務整理を司法書士に依頼するデメリットについては、メリットよりもしっかりと確認しておく必要があると思います。

 

債務整理した後で「やっぱり止めておけばよかった」というようなことにならないためにもしっかいりとデメリットについても把握しておきましょう。

 

債務整理を司法書士に依頼するデメリット一覧

 

・司法書士への依頼費用が必要になる
・信用情報がブラックリストに掲載される
・140万円以上の借金に対応できない

 

司法書士への依頼費用が必要になる

 

司法書士などの専門家に債務整理を依頼すると、依頼費用が必要になってきます。

 

司法書士の場合には弁護士よりも依頼費用が安いですが、それでも専門家に依頼するので、それなりの費用が必要になってきます。

 

ただ司法書士などを含めて、債務整理を依頼する場合の弁護士費用については、分割払いだったり、着手金が無料だったり、後払いなどに対応していたり、かなり支払に融通がきくようになっています。

 

司法書士の場合には弁護士よりも数万円から数十万円依頼費用が安くなるので、依頼費用が心配なら司法書士を選ぶのも選択肢の一つだと思います。

 

信用情報がブラックリストに掲載される

 

債務整理をすると金融会社の間で共有されているデータベースにブラックリストとして掲載されてしまいます。

 

これは司法書士や弁護士に依頼した場合もですが、個人で債務整理した場合でもブラックリストに掲載されるので、債務整理をする人に共通するデメリットと言えます。

 

信用情報がブラックリストに掲載されると、ローンが組めなかったりクレジットカードが利用できなくなったりなどのデメリットが発生します。

 

しかし、この信用情報のブラックリスト掲載は5年から10年くらいで解除されるので、一生デメリットが続くわけではないです。

 

140万円以上の借金に対応できない

 

司法書士は弁護士と違って無制限に借金を整理できるというわけではなく、任意整理や過払い金などでは1件あたり140万円以上の借金に対応できないなど制限があります。

 

そのため1つの金融機関などから140万円以上などの大金を借り入れていて、債務整理手続きによる借金の減額などを考えている場合には司法書士に依頼できない可能性があります。

 

 

債務整理を行って借金を減額したり免責してもらったりするわけですから、多少のデメリットが生じるのは仕方のないことだと思います。

 

債務整理を司法書士に依頼するデメリットについては、債務整理全般に共通するデメリットだったり、依頼費用が発生するなどのごく当たり前のことです。

 

依頼費用については司法書士事務所によってそこまで大きな違いはないので、当サイトで紹介しているような司法書士事務所を利用するといいと思います。

 

また債務整理案件については無料相談を受け付けている司法書士事務所もあるので、そういった事務所を利用するのも良いのではないでしょうか。

債務整理を司法書士に依頼する前に無料相談を利用しよう!

債務整理司法書士無料相談

 

債務整理を司法書士に依頼するメリットとデメリットについて解説していますが、司法書士などの専門家に依頼する場合にはこういったことをあらかじめ把握してから依頼するといいと思います。

 

こういった債務整理の基本的なことを理解しておけば、司法書士事務所がなどが行っている無料相談でも質問がスムーズにできるのではないでしょうか。

 

債務整理を行う場合には、いきなり司法書士事務所に依頼するのではなく、無料相談を利用してから依頼するようにするといいです。

 

債務整理以外の案件の場合には相談料などが必要な場合が多いですが、借金案件である債務整理の場合には相談料が無料の司法書士事務所は多いです。

 

せっかく無料で利用できる相談サービスなので、しっかりと活用するようにしましょう。

 

無料相談で、どの債務整理方法が自分には合っているのかだったり、債務整理に必要な費用や、必要な期間などについて確認しておくといいと思います。

 

当サイトでは債務整理について無料相談を利用できる司法書士事務所をいくつかピックアップしているので参考にしてはどうでしょうか。

 

メールや電話で無料相談できるようになっているので、まずは気軽に相談して見てはどうでしょうか。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる債務整理におすすめな司法書士事務所は、債務整理の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

債務整理が得意な司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな司法書士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理を司法書士に依頼するメリットとデメリット記事一覧

司法書士に借金返済の負担を軽くするために債務整理を依頼する場合に問題になってくるのが140万円の規制です。この140万円の規制については借金の総額が140万円以下なのか、個別借金が140万円以下なのかということでどっちなのか迷っている人が多いですが、これは1件あたりの借金額が140万円以下が規制対象になります。規制対象になるのは1件あたりの借金額が140万円を超える場合誤解しないで欲しいのは借金総...

債務整理を司法書士に依頼している人は多く、実際に口コミや評判でも色々な意見があったりします。司法書士は債務整理の依頼費用が弁護士よりも総合的に安くなっているので、費用面での有利さを知って、司法書士に債務整理を依頼する人が多いのだと思います。債務整理を依頼する場合には実際に債務整理を利用した人の口コミや評判を参考にするのも大事なことだと思います。事前に債務整理を利用した人の口コミや評判を知ることによ...

債務整理をすると信用情報が必ずブラックリストに登録されてしまい、色々なデメリットを被ることになります。債務整理をする場合にデメリットとして「信用情報がブラックリストに登録される」ということを色々なところで説明されると思いますが、そもそも信用情報がどういったもので、ブラックリストに登録されるとどうなるのかということを把握してない人は多いです。まずは信用情報とはどのようなものなのかを解説しようと思いま...

母子家庭で借金返済ができなくなってしまって、経済的に行き詰ってしまうという家庭は多いです。母子家庭の場合だと、これまで専業主婦だった人が突然仕事を探さないといけなくなってしまう場合が多いので、どうしても条件のいい仕事を見つけることができず収入が少なくなりがちです。また、結婚していた時代から働いていたとしても、子供が小さい場合だと仕事時間を制限することになってしまって、転職せざる得なくなることも珍し...

クレジットカードで借金を作ってしまって返済できない状況になってしまう方は多いです。クレジットカードは非常に便利で、昔と違って地上の買い物でもクレジットカードを利用するという方が増えてきています。またネット通販での買い物にクレジットカードを利用するという方も多く、昔よりも格段に利用機会が増えています。特にアマゾンなどのネット通販で買い物をするのがストレス解消になってしまって、仕事帰りに無意識にアマゾ...

カードローンなどキャッシングによる借金は、借金の原因としては非常にメジャーで、簡単にお金を借りられるということもあり、債務整理をする場合には、こういったカードローンなどキャッシングが含まれていることは多いです。カードローンなどキャッシングによる借金は債務整理によって減額したり免除することが可能なので、カードローンやキャッシングによって借金額が大きくなってしまって払えないなら早めに債務整理を検討する...

パチンコ・競馬・競艇などのギャンブルによって作ってしまった借金は債務整理で減額したり免除することができるのでしょうか?債務整理は合法的に借金返済の負担を軽くすることができる手続き方法で、普通は弁護士や司法書士に手続きを依頼して行うものです。そういった手続でギャンブルなどの自業自得のような借金理由での借金が整理できるのでしょうか?結論から言ってしまうとギャンブルによる借金は債務整理で減額したりするこ...

FXや株・仮想通貨による借金が増えてしまって返済できなくなってしまったという方は多いです。特にFXや株は昔から相場が荒れると元本割れを起こしてしまって借金を作ってしまうという方が多かったですが、近年は仮想通貨によって借金を作ってしまうというケースが結構多かったりします。株の場合は信用取引を利用すると元本も3倍までの金額で取引することができるので、相場が大きく動くと元本割れしてしまって借金を背負うこ...

離婚することになって慰謝料や養育費の負担で借金することになってしまい、負担が重くなりすぎて返済できなくなってしまうという事例は少なくないです。浮気による離婚の場合だと、慰謝料と養育費を支払い、さらに妻や子供が住んでいる住宅ローンを払いながら自分が住んでいるアパートの家賃などを負担して生活をしているという状況の方もいて、経済的負担が非常に大きくなっている方も珍しくないです。また家から出ていく際の引っ...

奨学金を返済することができずに生活に困窮する方は珍しくないです。実際に奨学金が返済できない若者が増えてしまって、それが社会問題になってしまって、政府は返済不要の奨学金制度を作ることになったくらいなので、状況はかなり深刻だということです。大学進学に必要な費用は年々増えてきており、その背景には少子高齢化によって大学同士の競争に勝つために設備投資にお金を使っているという背景があります。少子高齢化なら逆に...

闇金から借金してしまって返済できない状況になってしまった場合に、債務整理手続きによって闇金からの借金も整理することができると思っている方も多いかと思います。闇金もある意味では金融業者のようなものなので、一般の消費者金融からの借金が債務整理手続きによって減額したり免除することができるのだから、闇金からの借金も減額や免除できると思うのは当然だと思います。しかし結論を言ってしまうと、闇金からの借金は債務...

失業中の無職という状況だと債務整理手続きを利用できないのではないかと不安に感じる方もいると思いますが。結論を言ってしまうと失業中の無職でも債務整理手続きは問題なく利用することができます。むしろ失業中で無収入で借金返済のあてがないな状況の方の方が債務整理手続きを利用して借金整理してしまった方がいいと思います。ただ債務整理方法と言っても複数の方法があるので、無職で仕事がまったくない無収入状況の場合にど...

不動産投資に失敗して借金を返済できないという状況に追い込まれてしまっている方は珍しくないです。投資用のマンションやアパートを購入したけど、借り手がいなかったり、物件に欠陥が発覚して修繕を余儀なくされてしまったり、災害などによって物件に被害が出てしまったりなど理由は色々です。また安易なローン計画を認めて頭金が少ない方にも積極的に物件を貸してきたという問題もあり、不動産投資で成功している方がいる一方で...

連帯保証人と聞くと何となくリスクがあってなりたくないと思う方が多いのではないかと思います。ただ連帯保証人は色々な場面で求められることがあり、よくあるのが「一人暮らしでアパートやマンションを借りるとき」ではないでしょうか。他にも奨学金を借りる時や、事業式を借りる時、状況によっては住宅ローンを借りる際にも連帯保証人を求められる可能性があります。一般的にはこういった連帯保証人は親がなることが多いかと思い...

自動車は高額なので、一括で購入する方は少ないため一般的には自動車ローンを組んで購入するのが一般的です。ただ自動車ローンは金額が大きいので、ローンを払っている途中で、給料が大幅に減額されてしまったり、病気やけがで働けなくなってしまい、会社を退職したというケース、会社が業績不振で倒産してしまったなどのような事情で自動車ローンの支払いが困難になることも考えられます。そんな自動車ローンですが、事情があって...

債務整理をすると自動車を必ず没収されてしまうと思っている方がいますが、それは間違いです。確かに債務整理すると自動車が没収されてしまうケースもありますが、全ての債務整理方法が自動車を没収されてしまうというわけではなく、自動車を手元に残しながら債務整理を利用して借金を減額したりすることはできます。ただ借金状況などによって自動車が手元に残せるかどうかが違ってくるので、ここではどういった場合に自動車を残す...

友人や親戚などの個人間の借金を返済できなくなってしまっている方は、それ以外の金融業者などからの借金も返済できないのではないでしょうか。お金が足りない場合は一般的には金融業者などから借金すると思いますが、金融業者から借金しすぎてしまって返済が追い付かずに滞納してしまうと、信用情報がブラックになってしまうので、新たに借りようと思っても金融業者はお金を貸してくれないです。そうなると闇金か知り合いからお金...

遅延損害金(延滞利息)は借金した経験があるなら何となく理解している方も多いと思いますが、遅延損害金は簡単に説明すると借金返済が遅れていることに対する罰金のようなものです。そのため借金返済が遅れるとその分だけ遅延損害金が増えていくことになるので、借金返済の負担がどんどん重くなっていきます。こういった仕組みがあるからこそ、借金を期限内に返済しようと思うわけです。遅延損害金がなかったら借金返済が遅れたと...

サラ金や消費者金融などからの借金は借入先としては非常に一般的なので、借金返済に困っている方の多くは、借入先の中にはサラ金や消費者金融が混じっているということは珍しいことではないと思います。サラ金や消費者金融は小さい金額でも比較的簡単に借りることができるので、突然の出費で手元にお金がないような状況だと非常に助かるサービスです。ただすぐに返済する予定だったのにそのままズルズルと借入を続けてしまって返済...

水道代、電気代、ガス代などの公共料金は生活のライフラインとも言える非常に重要な費用になってきますが、こういった公共料金を払うことができずに滞納してしまった場合に、債務整理手続きを利用することによって、滞納した料金を減額したり免除することは可能なのでしょうか?結論を言ってしまうと債務整理で公共料金を滞納してしまったことによる借金の返済負担を軽くすることは可能です。ここではそんな水道代、電気代、ガス代...

住宅ローンは他の借金とは違って金額が大きく、長期的に返済することが一般的な借金なので、返済を続けている中で会社を解雇されてしまったり、病気やケガなどによって会社を辞めざるえなくなってしまったり、不景気で給料が下がってしまったり、会社が倒産してしまうなどのような経済的変化が起こる可能性は十分にあります。住宅ローンは事前にローン審査である程度収入が安定している方が利用していると思うので、返済当初はそこ...

税金の支払い負担は結構大きいです。国民健康保険や国民年金などの社会保険料は毎月支払う税金ということもあり、借金返済で困っている方の中にはこれらの支払いを滞納してしまっている方もいるのではないでしょうか。国民年金は毎年ある程度の金額が決まっているので支払い負担がわかりますが、国民健康保険や住民税は前年度の収入によって今年度の支払い額が決まってくるので、前年の収入が大きくて、今年収入が少ない状況だと、...

借金を滞納していて生活が厳しい状況になってしまうと、最終的には家賃などの生活に絶対必要な費用も滞納するようになってしまいます。家賃はあらかじめわかっている生活の固定費のようなものなので、通常はよほどのことがない限りは滞納することはないかと思いますが、もし家賃を滞納するような状況だと、家賃以外にも複数のかなり大きな借金を抱えているようなケースが多いかと思います。仮に家賃単体で滞納してしまっているよう...

債務整理をすることによって退職金にどんあ影響があるのか不安になっている方も多いかと思います。特に退職が迫っている方からすると、債務整理によって退職金にどのような影響が出るのか不安になるのは当然だと思います。老後の年金不安もあり、退職金は老後の生活を左右する非常に大きなお金になるので、債務整理によって退職金に大きな影響が出てしまったら老後の生活にも影響が出てしまう可能性があります。そんな債務整理と退...

債務整理方法から選ぶ

過払い金返還請求
任意整理
個人再生
自己破産

司法書士・弁護士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安い
分割払い後払い
債務整理女性専用窓口
債務整理内緒秘密

債務整理する理由や状況から選ぶ

クレジットカード
カードローンキャッシング
FX・株・仮想通貨
ギャンブル
離婚養育費慰謝料
母子家庭
奨学金
闇金